対 東京工芸大学

本日行われました東京工芸大学との試合は4-0で勝利致しました。

 

試合は、前半早い段階で得点を奪い、本学の流れでゲーム運びができるかと思いましたが、その後に訪れた決定的チャンスを外したり、気持ちに余裕が生まれたことによる安易なミスを繰り返し、前半は追加点を奪うことができませんでした。

 

後半は、相手の足が早い段階で止まったこともあり、ゲームを支配することができました。ただ、暑さからパスを優先させることが多く、例えば、サイドエリアで相手よりも良い状態でボールを受けているにもかかわらず、中の上がりを待つために、スピードを落としてしまうことは、場合によっては良いとは思いますが、毎回同じだと相手は守り易くなります。なので、状況判断(駆け引き)を学ぶためには、もっと仕掛けても良かったと思います。

 

ただ、内容はそこまで良くありませんでしたが、「勝利」という最低限の結果を出せたこと、それと、「無失点」で終えることができたことは評価してあげても良いのかと思います。大臣杯では、先制点を奪うも3失点もしてしまったので…

 

さて、これで勝ち点3を得ることができました。選手も終了後、最低限の結果を出せたことで、いつもより笑顔と選手間の会話も多かったと思います。 私も、選手の笑顔を見れるととても嬉しいです。

 

次は鶴見大学です。

 

次節もしっかりと勝利できるように、オフ明けから、また気持ちを切り替えて、今回よりも更に良い状態で試合に臨めるように頑張ります。