前回の更新から色々

前回の日記から1カ月以上経過してしまいました。そして、気が付けば秋季リーグまで2週間を切っています。本当にときが経つのは早いですね。

 

さて、前回から今日まで、春季最終節、スポーツ推薦入試、練習、トレーニングマッチと色々とありました。

 

【春季リーグ最終節】

 対戦相手の横浜市立大学は選手一人ひとりの戦術理解度が高く、県でも面白いパスサッカーをするチーム。それに対して、我々がどこまで攻撃をしのぎ、数少ないチャンスをものにできるかが勝負でした。

 

 しかし、前半の途中過ぎまでは相手の猛攻をしのぎ、カウンターから脅かすことはできたものの、前半に失点。前半は0-1で折り返すものの、後半は失点したことで前掛かりにならざるを得ず、逆にそこを相手につかれ3失点…結果的に4-0で敗戦となりました。ただ、今の実力差であれば、妥当、と思うくらい横浜市立大学のサッカーは素晴らしく、悔しいですが、秋季での市大さんの活躍が非常に楽しみでもあります。

 

【スポーツ推薦入試エントリー期間】

 昨年は、初年度ながら2名のエントリーがあったスポーツ推薦入試でしたが、今年はエントリーはありませんでした。でも、残念というよりは、昨年2名のエントリーがあったことが奇跡に近かったので…「ま、仕方ない」という感じです。

 

【トレーニングマッチ】

CATS FC(静岡県東部社会人)

 我々はリーグ戦間近ということもあり、相手のCATSFCさんよりも状態は良いのにもかかわらず、五分の試合となってしまいました。なので、本学としては非常に情けない試合をしたと思いますし、一方ではCATS FCの選手が万全のコンディションでは無いにもかかわらず、その中でパフォーマンスを発揮してくださったことに対して、感謝とともに選手はその姿勢を見習うべきだと感じました。

 

 ただ、本学は、「負け癖」がどっぷりと染みついているので、その意味では春季でもそうでしたが、どんなに悪くても、取り組んでいるサッカーを行い、試合に勝つことができたということは良かったと思います。

 

以上で、割愛した部分もありますが、本日までの活動内容をご報告?致しました。本日も、午後から社会人チームとのTRMを組んでいますので、悪いものを全てだし、良いものを見つけ、それを調整して開幕を迎えたいと思います。

 

最後になりますが、CATS FCの前田監督をはじめ選手、関係者の皆様。先日は遠いところからわざわざお越し下さり有難うございました。今回の経験を無駄にせず、秋季で躍進できるように選手・スタッフ一丸となり戦っていきたいと思います。また、本学サッカー部は全ての面で未熟でありますが、今後も交流をさせていただければと思っております。