反省と信念

本日行われました秋季リーグ第5節(対 文教大学)は0-2で敗戦となりました。

 

失点は、FKと前掛かりになったところで受けたカウンター攻撃なので、崩された感じは無いのですが、全体的に見れば文教良さが出た、逆に我々の良さを消されてしまった試合でした。

 

この要因には、今節に向けて行ってきた私が採用した戦術(采配)のミスだと思います。勿論、前半の時点で戦術がマッチしなかったので、変更をすれば良かったとは思いますが、良く言えば信念を通した…いや、結果が伴わなかったので、変更させる勇気がなかったと言えます。なので、前述通り、戦術(采配)ミスです。

 

しかし、反省はしますが、下を向くことはありません。そして、今日までのトレーニングメソッドを変更する気もありません。それは、今のトレーニングには試合で必要な要素が十二分に含まれているからです。なので、選手は、気持ちを切り替えるとともに、今のトレーニングを自分の頭で考え、消化し、それを次の試合で活かしてもらいたいと思います。

 

次節は防衛大学校です。今節の戦いぶりを見ている限り、例年通り、非常に迫力のある攻撃が印象的な相手です。我々は今回の敗戦で目標である、自力での「5位」は厳しくなりましたが、次節勝利をすれば最終節まで可能性を残します。

 

我々の目標を達成するためにも、そして、県大学サッカーを盛り上げるためにも、次節は必ず勝利したいと思います。